スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クレヨンしんちゃん

『クレヨンしんちゃん』の作者の臼井 儀人さんの亡くなりました。

転落とか、どーとか分からないけどやっぱショックだな・・・



小学校の頃から、よく『クレしん』はアニメで見てたし、漫画も買ってた。
しんちゃんのマネをしようとした男子がよく先生に怒られてたなぁ~・・・
『ケツだけ星人』とか『ゾウさん』とか『ぶりぶりざえもん』とか・・・『アクション仮面』もいたなー

高校まで漫画は買い続けてたけど、部活中心でそれどころじゃなくなり、買うのをやめてしまった。


PTAとかいざこざがあったらしいけど、やっぱあの作品は他のとちょっと違った想い入れがあったな・・・

姉貴とたまに『クレしん』の話をする時に出る話は

『読んでいて下らなくて笑えるけど、やっぱしんちゃんの純粋さに感動するよね。』

っと。


基本、うちと姉貴ははたからみたら仲が良いらしい・・・(うちは認めませんw)
DVDや、映画、TVでのロードショーもよく2人でみて、終わったら感想を述べ合う。

中学時代かな?『クレしん』の映画には2人して号泣した。

どの映画も爆笑して、最後は感動。うちが爆笑したのは、『ヘンダーランド』や『暗黒タマタマ』とか。
腹がおかしくなるぐらい笑ったわな。



なにより、うちが見てきたなかで一番印象に残ってるのは、映画『嵐を呼ぶ モーレツオトナ帝国の逆襲』で東京タワー?のシーンかな。

野原家がみんなして敵の計画阻止するために階段ダッシュしながら最上階に向かってる敵を追いかけて

それを邪魔する輩をリレーのごとく戦っていって

最後はアンカーの如くしんちゃんに託され、一人階段ダッシュして必死に敵を追いかけていくシーン。


あんときのしんちゃんは、ほんまカッコよかったわ・・・

つまづいて転んで
でも、立ち上がって
また、転んで
でも、また立ち上がって階段を駆け上がっていくシーン。

何度転んでも、立ち上がって、ガムシャラで。

なんだ、しんちゃん、カッコイイやん。5歳だろうがいっちょまえの男やん。
このシーンは、本当泣いたわ・・・。

ってか、野原家すげーよ。団結力半端ないわ・・・



『子供に見せたくない』っていう親もいるのは、仕方ないと思う。
でも、『しんちゃんの純粋さ』を今の子に知ってほしいって気持ちもある。

内閣が決まった事より、臼井さんの安否を気にしてたうちら姉妹。
二言めには、『臼井さんじゃないよね?』っていう2人。
そりゃ、世代が近いし、やっぱ『クレしん』が好きだったし、一緒に育った感じだったしね。
『クレしん』を読んで育ったから、親しみがあるしね。



キザな風間くん
弱気なマサオくん
不思議なぼーちゃん
恐ろしいネネちゃん
お嬢様なアイちゃん

やくざ顔でも優しい園長
ブランド品大好きなまつざか先生・優しくまつざか先生とライバルメラメラなよしなが先生
ちょっと不思議だけど、メガネ外したらメッチャ強気になる上尾先生

靴下が臭いしがないサラリーマンのヒロシ
三段腹・見栄っ張りと言われるもうすぐ三十路のミサエ
しんちゃんの妹で、確実にしんちゃんのDNAを受けているひまわり
野原家の家族の一員のシロ

そして、下品なネタ・おばかな事をやって、可愛いお姉さんが好きでちょいエロ、でも純粋でミラクルを起こすしんちゃん。


この作品、『クレヨンしんちゃん』を読んで育った事が良かったと思える。
漫画とか、読んでいて学ぶとかよくあるけど、しんちゃんとかそーいうのが多かったね。

臼井さん、『クレヨンしんちゃん』を作り、この世に送り出してくれて、本当にありがとうございました。


ご冥福をお祈ります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

わっちゃん

Author:わっちゃん
PFUブルーキャッツ #10 小酒 翔子 選手の応援ブログです。

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。